和装結婚式を選びましょう!基本の花嫁姿からアレンジまで。

和装で結婚式をされている花嫁さまに、魅力を感じ始めていませんか?結婚式で花嫁さまが着られる婚礼衣裳は、純白のウェディングドレスだけではありません。

日本人ならではの魅力を存分に味わえる和装衣裳で結婚式を挙げましょう!

和装で行う結婚式。最初の疑問2点!

白無垢で桜の前に立たれる新郎新婦さま

結婚式で和装が着たい!と思ったら、まず気になる場所費用。実はとても簡単にクリアできるはずです。

和装で結婚式を行う場所

結婚式場やホテルには神前結婚式を挙げる神殿が併設されていることが多く、季節や天候に左右されにくいというメリットがあります。

もちろん神社で挙げれば雰囲気抜群ですし、仏前結婚式といってお寺で挙げることも可能です!たとえばこの辺りなら豊川稲荷でも仏前結婚式を挙げることができますよ。

さらに集まっていただいたゲストの方々へ結婚の誓いをたてる人前結婚式でも和装を着ることは可能です。

つまりあなたが望めば結婚式場やホテル、神社、お寺、さらにはレストランウェディングなど小さな会場でも和装で結婚式を挙げることができますよ!

~結婚式場探しもフェアリーブライダル!ブライダルコンシェルジュのページはこちら~

~豊川稲荷で仏前結婚式の詳しい記事はこちら~

和装衣裳のレンタル料金

和装結婚式の婚礼衣裳とはどんな種類があるのでしょう?

一般的に新郎さまは紋付袴(もんつきはかま)、お嫁さまは白無垢(しろむく)や色打掛(いろうちかけ)、引きずるほど裾の長い引き振袖です。

レンタル料金も洋装(ドレス)と比べ高いと決まっているわけではありません。お値打ちに着ていただける衣裳も豊富にそろっていますよ!

~フェアリーブライダル 衣裳価格表~

  • ドレス  ¥150,000~¥300,000
  • 白無垢   ¥80,000~¥230,000
  • 色打掛  ¥100,000~¥430,000

 

プラン等によってはさらにお得に着られるかもしれません!詳しくは一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

色打掛でも結婚式ができる。

色打掛姿で神前結婚式会場に立たれる新郎新婦さま

和装で結婚式をしようと決めたあなた。さぁ、婚礼衣装は何を選びましょうか。

白無垢=ウェディングドレス、色打掛=カラードレスではない

白無垢(真っ白な状態)で結婚式を行い、披露宴にて色打掛に着替え「嫁ぎ先の色に染まります」と表現していると聞いたことがありませんか?

しかし和装衣裳の場合、白無垢・色打掛どちらでも結婚式を行うことが可能です。現に黒色の引き振り袖が花嫁の一般的な衣裳であった時代もあり、現在でも黒振袖は根強い人気があります。

~三河和婚物語 オリジナリティ溢れる和装結婚式のご案内はこちら~

和装結婚式の衣裳についてと、着付けについて。

色打掛で番傘を持ったお嫁さま

和装結婚式の婚礼衣裳はご自身が花嫁さまになる日まで、じっくり近くで見る機会はほとんど無いと思います。

掛下というお着物を着て帯を締め、その上にもう1枚はおる厚みのあるお衣裳が花嫁衣裳の白、色打掛です。華やかな手刺繍(てししゅう)が施された衣装も多く、フキ(すそ)の厚みはまるでお布団のようなものもあります。

刺繍などの装飾が多い衣裳ほど、はおると肩にずっしりと重みが加わります。装飾の重みが、打掛ならではの重厚感ある美しさをかなえているのです。

打掛は一生において花嫁さまのみ着ることが許された、格式高いお衣裳なのです。

和装の婚礼衣裳の着付け。

白無垢を着付け中の花嫁さま

お着物の着付けは苦しかった、という思い出のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし和装の花嫁衣裳の着付けは、あまり苦しさは感じないでしょう。

まず補整といいお着物を着る前にタオルなどを入れます。お紐が直接身体に当たらないので、長時間着ていても負担は少ないでしょう。何より熟練の美容師さんが着付けてくれるので、安心しておまかせしましょう。

ただ、ご懐妊されたら必ず美容師さんへ伝えてくださいね。

~先輩花嫁さまはどう着てる? 三河和婚の実績紹介ページはこちら~

お問い合わせはこちら

白無垢姿も色打掛姿も個性が出せる!和装婚礼衣裳の着こなし術3選。

和装結婚式の衣装だって、あなたらしく着こなすことが可能。ぜひ衣裳スタッフさんへ相談しましょう!

白無垢や色打掛と、お着物や小物の組み合わせ

色打掛を着こなすモデルさん2人

白無垢や色打掛の下に着て頂くお着物の掛下、さらに帯揚げ帯締めなどの小物は通常はすべて白色です。

ですが実はアレンジ可能。お着物や小物をアレンジすることでより一層華やかになりますよ!

和装衣裳でかなう披露宴で差をつける着付けアレンジ

引き振袖姿の新郎新婦さま

たとえば色打掛姿で挙式し、披露宴では色打掛を脱いで着物姿を披露するのもステキですよ!

せっかくご自身の振袖をお持ちなのに、お家で眠ったままということはありませんか?掛下のかわりに振袖を着ていただくこともできますよ!

和装結婚式でのヘアスタイル

白無垢角隠し姿の花嫁さまと新郎さま

和装は良いけど、かつらは古臭いし似合わないって思い込んでいませんか?実は打掛姿におかつらってとってもステキなんですよ!

おかつらだって進化しています!生え際も大きさも髪色まで、とても自然です。

綿帽子角隠しも、本来はおかつらに合わせて作られたもの。高さもあり、かんざしをつけるとさらに豪華で美しい花嫁さまに仕上がりますよ。

色打掛のモデルさん上半身

もちろんご自身の髪の毛でアレンジするのもOK。

今ではヘアもメイクもナチュラルに、そして自由にアレンジや飾りを選んでいただくことが可能です。

たとえば和装ヘアはアップスタイルでなければ、と思っていませんか?ダウンスタイルだってとってもかわいいですよ!

和装結婚式を選んで良かったこと。

色打掛姿でメイク中の花嫁様

ついに結婚式当日。華やかな和装衣裳に身を包んだあなたに、きっとご親族は涙を浮かべているでしょう。

和装結婚式は親族ウケがいい

和装結婚式、特に和装の婚礼衣裳は祖父母世代の方に喜ばれるのは事実です。祖父母世代の方にとっては、婚礼衣装と言えばドレスより白無垢だからです。

かわいくて幼かった孫が、美しい婚礼衣装に身を包む。思わず涙せずにはいられないようです。

また、ご自身がお嫁入りした日のことも思い出されるようですよ。普段は話さない話題がひろがるかもしれませんね。

和装の婚礼衣裳は肌の露出が少ない

白無垢と紋付の新郎新婦さま後姿

和装の婚礼衣裳はドレスに比べ肌の露出が少ないです。結婚式当日、多くの参列者の前でお肌を出すことにためらいを感じられる方にも安心です。

また、気になる首筋や手元にもファンデーションをぬってもらえます。

~三河和婚物語 オリジナリティ溢れる和装結婚式のご案内はこちらへ~

最後に

和装結婚式の世界へ引き込まれ、いつの間にか和装衣裳を着たご自身の姿をイメージしていただけたでしょうか。

和装の婚礼衣装はウェディングドレスやカラードレスとは異なった美しさがあります。それは日本ならでは、花嫁さまならではの美しさなのです。

それをぜひ、あなたにも体験していただけたら嬉しいです!

お問い合わせはこちら

2018.11.14和婚スタイル